まつ毛美容液は医薬品ではない|育毛効果の違いは?

混同されがちなので、ここではっきりと区別しておく必要があります。
当サイトで紹介しているのは「まつ毛美容液」と呼ばれているもので、ビマトプロストが配合されている医薬品とは異なります。

ただ、インターネット上では、「まつ毛美容液は医薬品」と表記しているサイトもあります。
紛らわしいのですが、私の中では、

  • まつ毛美容液は化粧品
  • まつ毛育毛剤は医薬品

と思っています。

美白化粧品でも同じようなことがあります。

  • シミに聞きそうな化粧品はあくまで化粧品
  • シミに効果があるものは薬用(医薬品)

と同じと思ってもらえれたらと思います。

まつ毛育毛剤とは?

ビマトプロスト(商品名:ルミガン)のジェネリック医薬品「ケアプロスト」など、手軽に購入できるものもあります。
元々は緑内障の治療として開発されたものの、副作用でまつ毛が伸びたということで、まつげ貧毛症の改善に使われるようになりました。

個人輸入などで手に入れることも出来ますが、やはり、自分の判断で医薬品を使うのは危険が伴います。
もし、医薬品のまつ毛育毛剤を試したいなら、医療機関で相談するほうが良いと思います。

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤どっちを選ぶ?

まつ毛が伸びる、増える、濃くなる、そういう効果だけで選ぶなら、医薬品のほうが確実に効果はあります。
個人輸入で買えば、医薬品のほうでも自己責任で買うことも出来ますが、やはりリスクは伴います。
痒みが出る、赤くなる、どういう症状が出るかは人によるでしょう。

それなら、私は「まつ毛美容液」にします。
その理由は、

  • まつ毛美容液でもまつ毛が伸びるといった効果を体感人が多い
  • 美容成分も入っているので、肌に良さそう
  • 医薬品と比べて副作用の心配が少ない

といったところです。

もし、まつ毛美容液では全く効果がないなら話は別ですが、十分効果を感じている人が大勢います。
目に入ってしまっても、ある程度は大丈夫なように作られているのも安心できる材料です。

よく自己責任で個人輸入で医薬品を取寄せるなんて話を耳にしますが、そこまでする必要があるのでしょうか。
万が一、何かあっても当然誰も責任をとってくれません。
せめて、まつ毛美容液を2ヶ月くらい使ってみて、それでも効果を感じられなかったら医薬品という手もありますが、口コミを見てると分かりますが、化粧品のほうでも十分に納得できる効果を感じてる人も多いです。
つい効果が高そうだからと、リスクを考えないこともありますが、目元(まつ毛の根元)というとても繊細な部分に塗るものですから、失敗した、やっぱりやめておこうというのではすまないことが起きるかもしれないことは覚えておきましょう。